27 4月 小野規「COASTAL MOTIFS」- Kyotographie 2018 “Coastal motifs” de Tadashi Ono pour Kyotographie 2018

  • DSC_0796
  • DSC_0806
  • DSC_0809
  • DSC_0815
  • DSC_0817
  • DSC_0784
  • DSC_0787
  • IMG_4932
  • DSC_0791

東日本大震災後、岩手・宮城・福島各県の沿岸部に、総事業費約1兆円、高さ10メートル以上、総延長400キロメートルにおよぶ防潮堤が建設されつつあることをご存知だろうか? フランスのパリとアルルを拠点に活動する小野規は、2011-12年に被災地を撮影したシリーズの続編となる本作を、2017年夏にあらたに撮影した。戦後最大の津波をもたらした自然への日本人からの返答ともいえる巨大な防潮堤を前に、「海に囲まれ育まれてきた日本が海を生活空間から遮断し、視界から抹消しようとしていることに衝撃を受けた」と 語る小野の作品は、復興がもたらす未来の日本の風景について私たちに問いかけてくる。

4月15日堀川御池ギャラリーに小野規とパスカル・ボースによるトークがありました。

堀川御池ギャラリー 2階
11:00 – 19:00|休:月曜