30 5月 ヴィラ九条山新館長にアデル・フレモル Adele Fremolle est nommée directrice déléguée de la Villa Kujoyama !

Adele Fremolle

このたび、アンスティチュ・フランセおよびアンスティチュ・フランセ日本は、2022 9 1 日付で京都・ヴィラ九条山館長にアデル・フレモル(Adèle Fremolle)が就任することが決定しましたのでお知らせします。

ソルボンヌ大学で美術史、およびパリ・ドーフィンヌ大学で経営学の学位を取得後、アデル・フレモル アルル国際写真フェスティバルヒルティ財団(パリ、マドリード)、ケ・ブランリ美術館 ダンケルク市グラン・ラルジュ現代アート美術館、ルーベ市ラ・コンディション・ピュブリック事業団など 16 年間文化機関の業務に従事してきました

ヴィラ九条山館長に
アデル・フレモル(
Adèle Fremolle

展覧会プロデュース、アー
ティスト支援、
施設戦略などを得意とし、過去に手がけたさまざまなプロジェクトにおいて関係する地元との強い絆をベースに、異なる文化を融合させてきました2006 にはアルル国際写真フェスティバル事務局員またグランパレで開催された「海に沈むエジプトの秘宝展」のコーディネーターを務めました。 2007 2009 年には、ケ・ブランリ美術館の写真ビエンナーレ「フォトケ Photoquai展を担当し2008 年には「海に沈むエジプトの秘宝展マドリード会場の総合コーディネーターを務めましたダンケルク市グラン・ラルジュ現代アート美術館館長を務め 2011 年から 2019 には同施設の改革と、存の産業遺産を建築生かすフランスの建築家ユニットであるラカトン&ヴァッサル同施設再開発プロジェクト実現に貢献しした2019 年にルーベ市ラ・コンディション・ピュブリック事業団代表理事として着任し、このクリエイティブで多分野的な事業団の発展を推し進め、その運営に尽力しました

アデル・フレモルは、2017 年から 2022 ヴィラ九条山館長
を務めた
シャルロット・フーシェイシイの後任となります。

プレスリリース
パリ、2022 5 31
ヴィラ九条山 新館長就任のお知らせ